平成21年3月13日、九州発東京行寝台特急が最終日を迎えます。
日本の鉄道の長い歴史の中で長距離列車は夜行列車が主役でした。かつては九州から東京、大阪に向けて沢山の寝台特急が設定され旅人の足となってきました。寝台列車は九州と都会を結ぶ移動の動脈であり、また夢や情報などの文化を運ぶ乗り物でもありました。
時代は変わり、新幹線や飛行機が主役となり、数を減らしてきた寝台特急がいよいよ最後の日を迎えようとしています。

博多駅、17:33。上り 42レ。寝台特急はやぶさ東京行き。
ここにははやぶさの最後を見ようと多くの方が見送りに訪れています。主役の座を譲ったとは言え、その青い客車に無骨な電気機関車には昔ながらの特急列車の風格に満ち、懐かしい汽車旅の 空気 が流れています。

最終日まで輝き続けて欲しい。そう願う九州在住の鉄道ファン皆様のご協力を頂き、博多駅至近の場所ではやぶさを見送る企画展を開催致します。
 
【お知らせ】 3月7日 更新
15日最終日の終了時刻を片付けの為、20時→17時に変更させて頂きます。
15日17時より、展示品のA3写真パネルを印刷費+材料費分として一枚¥3000ので配布致します。
ご希望の方は先着順になりますので17時までにお集まりください。


 第一会場 展示 

日時 平成2137日〜15 10時〜20時  最終日17時まで
         場所 朝日ビルB2F
            
入場料 大人¥200 小学生¥100 6才以下無料
              ( 国鉄の立席特急券風入場券をご用意しております。 )

            写真展 はやぶさ 消えた九州の寝台特急の写真展
             ヘッドマーク展示 実物のヘッドマークを展示
             模型で見るブルートレイン Nゲージ

   
 
朝日ビル地下2F


 
第二会場 グッズ販売

    日時 平成21228日〜15日 10時〜20
        場所 デイトスB1F 西端
        入場無料

      ● ブルートレインにちなんだグッズ販売その他鉄道グッズ模型各種
         ● 寿軒製造 はやぶさ弁当  販売

   ブルートレインにちらんだ様々なグッズや玩具、模型を販売致します。
 
デイトス地下2F 西端(ヨドバシカメラ側)
 展示協力 宇都宮靖顕様 
 主催   株式会社 ワンマイル